食の安全・安心を、さらに高いレベルへ。

冷蔵倉庫事業

冷蔵倉庫事業

 

多彩な物流サービスにより、安全・安心な食品の安定供給を実現しています。

国内はもとより世界中の農産物・水産物・畜産物を食べることができる日本の食。その多彩で豊かといわれる日本の食生活を支えているのが冷蔵倉庫事業です。ヨコレイは、港湾、産地、そして消費地に、最適な冷蔵倉庫を用意するとともに、高度な技術とノウハウを駆使し、安全で安心な食品の安定供給に努めています。

冷蔵倉庫、収納スペース、物流拠点を高い次元で融合


日本食をはじめ、様々な食文化が存在する国内の冷蔵倉庫事業に求められる要件は多岐にわたりますが、主なものとしては次の3つが挙げられます。

  1. 商品の品質を損なわず、長期にわたり維持できる設備
  2. 様々な種類、豊富な量の商品を保管できる収容能力※
  3. 顧客ニーズに合わせた最適な物流サービスの提供

この3つの要件が常に確立されることにより、はじめて食品の安定供給につながります。ヨコレイはその維持と向上のためにヨコレイ品質という独自の厳しい基準を構築するとともに、収容能力の拡大を図っています。さらには、全国を6つの地域(ブロック)に分け、それぞれの地域のニーズに的確に応えることができる体制を構築し、高品質で迅速な物流サービスを提供しています。
※2016年現在の収容能力は約92万トン(国内外)

 

ヨコレイが誇る高度な冷蔵技術・保管システム

天井ヘアピンコイル

天井ヘアピンコイル

天井からの自然対流による冷却方式のため、温度や湿度の変化が極めて少なく、品質保持に最適です。特に水産品の保管には力を発揮します。

電動式移動ラック

電動式移動ラック

入出庫時やピッキング作業時における大幅な時間短縮と迅速で正確な作業を実現しています。小ロットから大ロットまで対応します。

 

セミ超低温冷凍庫

セミ超低温冷凍庫

セミ超低温(F2級:-40℃未満)の保管庫では、貨物にやさしい天井ヘアピンコイル冷却方式により、最適な保管環境をご提供いたします。

低温プラットホーム

低温プラットホーム

気密性の高いドックシェルターと常時一定の温度を維持する低温プラットホームを用意しています。最適な温度に保って入出庫作業を行っています。

 

多彩なチルド庫

多彩なチルド庫

食品に合わせマイナス10℃からプラス10℃以下に設定できるチルド庫を設置しています。取り扱いが難しい野菜などにも最適な環境を完備しています。

ハンディターミナル

ハンディターミナル

入出庫やピッキング業務の迅速性・正確性を高めることを目的に導入しています。パソコンへの情報転送により、在庫状況を容易に確認できます。

 

急速凍結庫

急速凍結庫

庫内の温度を一気にマイナス35℃まで下げる高性能な冷凍庫です。水産品・畜産品・農産品の品質を落とすことなく、凍結することが可能です。

解凍設備

解凍設備

専用パソコンに製品の種類・荷姿を入力すると、温風・冷風のサイクルを計算し、最適な解凍を行います。仕上がりは、高く評価されています。