食の安全・安心を、さらに高いレベルへ。

研修制度

ヨコレイでは階層別や事業別に様々な研修・教育制度があります。まずは、ビジネスパーソンとしてのマナー学習からスタートします。

総合職として入社した新入社員は、入社後に約1ヶ月の新人研修で、基本的な知識や業務を講義や現場実習を通して習得していきます。この研修の間にフォークリフトの免許も取得し、5月から全国の配属先に赴任することになります。

一般職として入社した新入社員は、ビジネスマナー研修、システム研修受講後、配属先事業所で実務を行いながら基本的な業務を修得していきます。

職場内では職場指導員と呼ばれる担当の先輩社員からOJTによって基本的な仕事を教わります。慣れない社会人生活に戸惑う新入社員も多いのですが、そんな時、親身に指導してくれる上司や先輩、仲間の励ましなどを受け、自然と和気あいあいとした温かい人間関係がつくられていきます。

1.教育研修プログラム

  • 新入社員研修(ビジネスマナー、業務内容・就業規則等導入教育、配属前の現場実習等)
  • OJT(指導担当員による職場教育)
  • 階層別研修(中堅社員・主任・係長・課長代理)
  • 管理職研修(課長・事業所長)
  • その他随時実務研修あり

2.社員個人面接制度

毎年、事業所長との個人面接を実施しています。その際に、各社員の状況や意見、希望などを把握し、その後の指導や人事異動等に活かしていきます。