食の安全・安心を、さらに高いレベルへ。

東京羽田物流センターが物流総合効率化法の認定を受けました

 2月20日に新設・稼働した当社 東京羽田物流センター(東京都大田区京浜島/以下同センター)は、このたび国土交通省が所管する流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(物流総合効率化法)の認定を受けました。


 国土交通省では流通業務の総合化(輸送、保管、荷さばき及び流通加工を一体的に実施すること)し、かつ輸送の合理化により流通業務の効率化を図る事業に対し、計画の認定や支援措置等を定めた物流総合効率化法を制定するとともに、同法に基づいて2社以上の事業者が連携する流通業務総合効率化事業を支援しています。


 当社では従前より食品販売事業において、輸入畜産品を都内の複数の冷蔵倉庫で保管し、配送業務にも複数の運送業者が携わるため、物流拠点の点在と複雑化した輸送体制を効率化する必要がありました。


 そこでこの度当社は、大井コンテナ埠頭の至近距離かつ首都高速道路湾岸線大井南インターチェンジから3.4㎞の位置に東京羽田物流センターを新設し、物流拠点および輸送網を集約しました。また、協力運送会社のケーラインサービス(株)と連携し、昨年11月に圏央道の幸手物流センターにおいて試験導入したトラック予約受付システム「Yokorei Truck Reserve System」を本格導入いたしました。この取り組みによって、入出庫するトラック台数を1日あたり10台削減し、トラック走行量を約30%削減して省力化を図るとともに、CO2排出量を約34%削減する目標を立てております。更に、同システムの円滑な運用により、トラックドライバーの待機時間を約90%削減し、平均待ち時間を約22分とする目標も合わせて立てております。 


 この他にも同センターには従前から取り組んできた物流の効率化・合理化を目的とした仕様が施されています。倉庫内オペレーションの省人化・効率化を促進するため、移動ラックに連動させたカーゴナビゲーションシステムを導入。冷凍機のF級には倉庫内の温度変化が極めて少ない自然対流冷却方式「Sittory」を採用。C級にはCO2単独冷媒機器を初採用し、屋上全面には太陽光発電パネルを設置するなど、環境への配慮も行っています。昨年はこれらの取り組みが評価され国土交通省より、「平成29年交通関係環境保全優良事業者等大臣賞」を受賞いたしております。


効率化計画の概要について.png

2018年3月5日更新